クイックリンク

Top Header Social Icons

米カミンズ・インク(NYSE: CMI)は、同社製エンジン「パフォーマンスシリーズB6.7」が、バンディット・インダストリー社の大型丸太粉砕機Intimidator® 20XPに搭載開始されたことを発表しました。このB6.7の性能は326 hp / 243 kW。欧州ステージV、および米国EPA Tier 4 Finalの排ガス規制にいずれも適合しています。

 

 

バンディット・インダストリー社マーケティングマネージャーであるピート・ジェニングス氏は、大型の丸太に対応する樹木粉砕機であるIntimidator® 20XPの設計思想について、省サイズ化により牽引性と操作性をより容易にしながらも、従来通りの性能を維持するものと説明。そのため同社が、コンパクトでありながらパワーに秀でたエンジンを必要としていたことに言及。そこで今回採用されたカミンズ製B6.7モデルは、従来の9L型エンジンより小型でありながら、パフォーマンスと機械性能をこれまで同等に発揮するものと述べました。また、同エンジンに搭載された後処理システム装置についても、同じく省スペース化という課題解決に貢献したと触れています。

B6.7エンジンは、同系の従来モデルとの比較において、性能面でトルク+30%、出力+5%の向上を達成。また後処理システム装置にカミンズシングルモジュール™を採用したことにより、排気ガス再循環装置(EGR)は不要となり、排ガス規制の厳格化にも対応しています。同機はディーゼル用酸化触媒(DOC)、およびディーゼル微粒子捕集フィルター(DPF)をいずれも装備。本体サイズにおいて旧モデル比で最大40%の小型化、20%の軽量化にそれぞれ成功しました。

 

 

B6.7モデルの構成は、パフォーマンスシリーズエンジン、後処理システム装置、冷却装置、空気清浄機関、エンジンスキッド、および排気ガス清浄化システムによるカミンズパワーユニットから成ります。今回カミンズではバンディット社の要望に合わせ、林業向け動力に最適な電源装置をカスタム製作。さらにデュアルリアエンジン型パワーテイクオフ(REPTO)のオプションも用意しました。

カミンズ社のOEMアカウントマネージャー、ジェイソン・クーパーは、パフォーマンスシリーズの強力なパワーと能力が、同社永年の顧客であるバンディット社の最新鋭の技術に貢献できることを光栄に思うと述べました。

バンディット社のIntimidator 20XP Trackは20インチドラム式の丸太粉砕機で、現在ミシガン州リーマス工場で製作中です。完成機材は2020年春以降の本格生産に備え、海外に輸送されたのち最終テストを行う予定です。

B6.7パフォーマンスシリーズのエンジンは、カリフォルニア州北部・ウィテカーのカミンズのロッキーマウント・エンジンプラントで製作され、パワーユニットとしての最終アッセンブリに向けてカミンズ・パワープロダクツに移管されます。
以上)

バンディット・インダストリー社について

バンディット・インダストリーは土木造園、リサイクル、林業、資材管理向けの機械製造・販売における世界的なリーディングカンパニーです。創業1983年。ミシガン州中部の小さな倉庫で、マイク・モリ―・シニアと6名の従業員が、初の粉砕機Brush Bandit chipperを製作したのが始まりでした。現在は世界60ヶ国以上に信頼のディーラー網200拠点以上を築く規模に成長。取り扱い機材も、樹木粉砕機、木根掘削機、丸太粉砕機、水平グラインダー、トラックキャリア、樹木シュレッダー、トロンメルスクリーン、ストックコンベアなど、100モデルを超える、革新と信頼、卓越性誇る企業です。詳しくはこちら。

カミンズ社について

グローバルパワーリーダーであるカミンズ Incは、パワーソリューションの設計・製作・流通を行う、さまざまな事業部を包括する会社です。カミンズが手掛ける製品群は、ディーゼル・天然ガス・電気・ハイブリッドのパワートレインおよびパワートレイン関連部品、ろ過、後処理、ターボチャージャー、燃料システム、制御システム、エアハンドリングシステム、自動トランスミッション、発電システム、バッテリー、電力システム、水素生成、燃料電池製品など、多岐にわたります。米インディアナ州コロンバスに本社を置き、従業員約61,600人を擁するカミンズは1919年の創業以来、健全な社会に重要な教育・環境・機会均等という3つの分野における当社の社会的責任を通じて、より良い世界の実現のために取り組んでいます。カミンズは直営・独立系販売店のネットワークと世界各地にあるディーラー数千店のネットワークとを通じて、お客様をオンラインでサポートしており、2019年に売上高236億ドル、純利益23億ドルを記録しました。世界の発展のためのカミンズの貢献については、ウェブサイトに掲載のニュースリリースと詳細情報をご覧ください。

購読の問い合わせ