クイックリンク

Top Header Social Icons

米ミネソタ州のM Health Fairview系列医療機関向けのマスクを供給するためのプロジェクトの一環として、フィルター技術を取り入れた最初のマスクを使用

米インディアナ州コロンバス――(ビジネスワイヤ)――新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の世界的流行が拡大する中、カミンズ(ニューヨーク証券取引所:CMI)とデュポン(ニューヨーク証券取引所:DD)は、米国内でのN95保護マスク不足問題に取り組んでいます。デュポンのハイブリッドメンブレンテクノロジー(HMT)を利用した、カミンズのNanoNet®およびNanoForce®ろ材の技術は、エンジンの摩耗を長期的に防止するために大型車両用ディーゼルエンジンに使用される空気・燃料・潤滑油フィルター製品に広く採用されています。この技術は、新型コロナウイルス感染症を拡散させる空気中の有害な粒子をろ過するために、医療従事者向けN95保護マスクにも使用することができます。

「カミンズと協働している、ろ過研究センターの専門家らによって最初に分かったことは、すべてのろ過材が同じではなく、カミンズのろ過材が優れた選択肢であるということでした」

新型コロナウイルス感染症の世界的流行を受けて、N95マスクの需要がここ数週間で急増しています。世界の大手マスクメーカーの多くは、マスクの製造に欠かせない重要な材料を必要としており、需要に応えるのに苦戦しています。

カミンズ・フィルトレーションのバイスプレジデント、エイミー・デイビス(Amy Davis)氏は次のように述べています。「カミンズは、職務を遂行するために重要な個人防護具を必要とする医療従事者を支援できる方策を探るために、当社の供給基盤と製造能力を見直しています。当社のNanoNet®ろ材は、主要材料の供給不足を解消し、米国をはじめ世界各国のマスク不足に対応できます」

カミンズが寄付した、ろ材を使用したマスクの最初のプロトタイプは、M Health Fairviewやミネアポリスの医療機関にマスクを提供する取り組みの一環として、3月にミネソタ大学のチームによって作成されました。新型コロナウイルス感染症の流行が拡大する中、ミネソタ大学では、医療従事者向けのN95マスクの供給が数週間で底を着くと見ていました。これに対処するために、ミネソタ大学の医用工学研究所、医学部、設計学部、理工学部、ろ過研究コンソーシアムセンター(CFR)の設計者、エンジニア、化学者、医師、麻酔専門医、アパレル衣料専門家のチームが結束し、想定される重要な個人防護具の不足に取り組みました。

ミネソタ大学の学内保健担当者兼医学部長のヤクブ・トラー(Jakub Tolar)氏は次のように述べています。「カミンズと協働している、ろ過研究センターの専門家らによって最初に分かったことは、すべてのろ過材が同じではなく、カミンズのろ過材が優れた選択肢であるということでした。マスク作成のためにカミンズがろ過材料を快く寄付してくださったことに、心から感謝しています。ろ材が届いてからは迅速に事が進み、今では使い捨てタイプと再利用タイプを含め、幾つかの実現可能な種類のマスクを完成させたと考えています。これらのマスクによって、標準的な医療用N95マスクの供給がストップした場合でも、医療従事者の安全を守り続けることができる見通しが得られます」

このプロジェクトにはまた、ほかの医療機関や医療グループが独自に保護マスクを製作するために一般利用可能な指示書を提供する狙いがあります。

デュポン独自の革新的なハイブリッドメンブレンテクノロジー(HMT)とカミンズの合成繊維は組み合わされて、デリケートなエンジンコンポーネントを保護していますが、ほかにも多様な用途があり、N95保護マスクのろ材もその一つです。

デュポンのハイブリッドメンブレンテクノロジーは、空気・液体ろ過用の従来の半多孔性膜や不織布製の膜の限界を打破します。独自の紡糸行程を経て作られたハイブリッド技術素材は、連続的なサブミクロン繊維でできています。最終的に、通気性と高い微粒子ろ過効率のバランスを保った「メンブレン様」のシート構造になります。

デュポン・ウォーター・ソリューションズのグローバルバイスプレジデント兼グローバルマネージャー、エイチピー・ナンダ(HP Nanda)氏は次のように述べています。「この世界的な健康危機の中、最前線で働く医療従事者を守るために、当社の先端技術を提供できることを誇りに思います。当社パートナーのカミンズが、生産ラインを変更してN95マスク材料の世界的な不足に対応していることに感謝しています。また多くの医療機関のために、幾つかの種類のマスクの試験・設計に率先して従事しているミネソタ大学の専門家諸氏にも感謝いたします。彼らと協力し、既存の技術や素材の新たな用途を追求することで、この恐ろしいウイルスの拡散を遅らせることができることを願っています」

N95の名称は、マスク着用者の鼻と口に入る粒子を少なくとも95%遮断できることを意味します。カミンズのNanoNet®ろ材は、業界の標準試験規格に従って試験され、N95の名称通りの性能要件を超えました。カミンズの製造施設はこれまでに、その効果を試してもらうために、ろ材のサンプルを世界中のマスクメーカーに提供してきました。

カミンズのろ材を採用する製品は、米国立労働安全衛生研究所(NIOSH)による審査と承認が必要であり、カミンズはそのために自身の役割を担い、医療業界の負担を軽減することに努めています。「当社はできる限り迅速に医療当局やほかのパートナーと協働して、当社の素材を採用する製品の認可を促進し、当社製造施設を整えて需要を満たしていきます」とデイビス氏は述べています。

カミンズのろ材技術の詳細については、ウェブサイト(cumminsfiltration.com/respiratormedia)をご覧ください。

カミンズのろ過事業は空気・燃料・油圧・潤滑油のフィルターのほか、ディーゼル・ガス駆動式装置用の化学技術製品の設計、製造、販売を行っています。

カミンズについて

グローバルパワーリーダーであるカミンズは、パワーソリューションの設計・製作・流通を行う、さまざまな事業部を包括する会社です。カミンズが手掛ける製品群は、ディーゼル・天然ガス・電気・ハイブリッドのパワートレインおよびパワートレイン関連部品、ろ過、後処理、ターボチャージャー、燃料システム、制御システム、エアハンドリングシステム、自動トランスミッション、発電システム、バッテリー、電力システム、水素生成、燃料電池製品など、多岐にわたります。米インディアナ州コロンバスに本社を置き、従業員約61,600人を擁するカミンズは1919年の創業以来、健全な社会に重要な教育・環境・機会均等という3つの分野における当社の社会的責任を通じて、より良い世界の実現のために取り組んでいます。カミンズは直営・独立系販売店のネットワークと世界各地にあるディーラー数千店のネットワークとを通じて、お客様をオンラインでサポートしており、2019年に売上高236億ドル、純利益23億ドルを記録しました。世界の発展のためのカミンズの貢献については、ウェブサイト(https://www.cummins.com/always-on)に掲載のニュースリリースと詳細情報をご覧ください。

デュポンについて

デュポン(ニューヨーク証券取引所:DD)は、業界や日常生活を変革する、テクノロジーに立脚した材料、成分、ソリューションを有するグローバルイノベーションリーダーです。同社社員は、多様な科学と専門知識を応用して、お客様が最良のアイデアを発展させて、エレクトロニクス、輸送、建設、水、健康福祉、食品、労働安全などの主要分野に不可欠なイノベーションを提供するのを支援しています。詳細はウェブサイト(www.dupont.com)をご覧ください。

 

連絡先

カミンズの連絡先:
ジョン・ミルズ(Jon Mills)
Cummins Inc.
電話:317-658-4540
電子メール:jon.mills@cummins.com

デュポンの連絡先
キンバリー・クピエッキー(Kimberly Kupiecki)
Dupont Water Solutions
電話:612-508-5066
電子メール:kimberly.kupiecki@dupont.com

購読の問い合わせ