日本語

クイックリンク

Top Header Social Icons

Publish date: 11/12/2018
Cummins Japan Help Conserve Miyake Island  
Publish date: 11/12/2018
カミンズジャパン、三宅島の保全活動
Publish date: 08/29/2018
カミンズエンジンは、タダノのラフテレーンクレーンの成功に不可欠です。
Publish date: 08/29/2018
「建設の革命」をもたらした世界初の技術の後ろにはカミンズがいます。   海底地震による津波は、めったに起きません。しかしながら、2011年の事例でも分かるように、いったん発生するとその影響は致命的です。当時マグニチュード9.0の海底地震により発生した津波が本州を直撃し、福島原子力発電所に壊滅的被害を与え、数万人の人命被害が発生しました。この災害をきっかけに、地震が頻繁に起きる日本では、津波防備計画を見直しました。一例として、高知県は、津波被害関連のコストを削減するために、様々な人的・構造的措置を取ってきました。 高知県黒潮町は、四国の沖合を走る南海トラフを震源に地震が発生した場合、34メートルの高い波に襲われる可能性があるという見通しが出されています。1946年度、マグニチュード8.0の地震が高知県を襲ったとき、海岸地域は、6メートルの高い波に呑まれ、679人が死亡しました。 太平洋海岸に位置する高知市からそう遠くないところで、津波被害を減らすための取り組みが確認できます。ここには、津波防備のために2012年から2017年まで5年間標高8.0メートルの高さに加え、長さ13.5kmに及ぶ堤防が建設されました。堤防建設工事の際に、およそ13,000の鋼杭を19.5メートルの深さで設置しました。   
Publish date: 08/29/2018
エピロックとカミンズは、鉱山及び建設産業において長年に渡り協力関係を築いてきました。両社のパートナーシップにおける成功事例をご紹介いたします。   エピロックという名前にあまり馴染みのない方も多いことでしょう。しかし、実はその背景には強力なブランドが存在しています。 2017年初め、144年の伝統を誇るスウェーデン企業であるアトラスコプコは、会社分割を実施すると発表しました。それまで取り扱っていた産業用電動工具、コンプレッサー、真空ポンプの生産は引き続き行う一方、鉱山及び建設産業を専門的に行うエピロックという独立会社を立ち上げました。会社分割を行ったことで、それぞれが強みを持つ専門分野に集中できることが期待されています。