日本語

クイックリンク

Top Header Social Icons

Cummins Powers the Future.

 

カミンズの仕事には、独創性が求められます。カミンズの製品は、ユニークな場で、特別な仕事に携わっている世界中の人々からご愛顧いただいております。カミンズにとって革新とは、実質的な価値を伝えられるダイナミックな文化を通して、お客様とコミュニティに最先端のソリューションを提供することです。カミンズは、お客様の信頼を最大化し、優れた性能を保証するために、最先端技術を積極的に取り入れています。また、カミンズでは、革新的なリーダーから学び、様々な文化の人々とパートナーシップを締結することで、才能を発掘できます。

カミンズの電気トラック「AEOS」、クラス7 の「Urban Hauler Tractor」
カミンズは、2017年7月、最大走行距離480㎞の電気貨物トラック「AEOS」のプロトタイプを公開しました。「AEOS」に基本搭載されている140㎾h容量のバッテリーは、1回の充電で約160㎞走行できます。ここに更にバッテリーパックを装着すると、最大走行距離は、483㎞となり、長距離貨物輸送トラックとしてご利用いただけます。最大積載量は、約 34トンです。また、140㎾hのバッテリーパックを1時間でフル充電できる急速充電技術を取り入れました。都心における物流貨物輸送トラックの場合、基本バッテリーだけでも十分です。

接続診断技術 – お客様のエンジンのための生命線


接続診断技術(Connected Diagnostics)は、一番必要な時に、エンジンの生命線となります。接続診断技術は、テレマティクスサービスを利用して、エンジンシステムのエラーを即時診断できるよう、カミンズエンジンが搭載された装置をワイヤーレスでカミンズに接続し、数秒以内にドライバーに必要な情報を提供します。カミンズの接続診断技術は、世界有数のテレマティクス事業者のサービスと互換性を確保しているため、産業用・商用車市場を含め、グローバル市場でカミンズの電子式エンジンが搭載された様々なタイプの装置で便利にご利用いただけます。エンジンシステムのエラーが発生した瞬間、テレマティクスシステムが、即時に主用エンジンシステムのデータとGPSデータをカミンズに転送し、接続診断技術が、カミンズの分析ツールを適用してデータを実行可能な情報に転換します。この過程を通して、エラー診断の内容と、車両が止まることなく運転するための警告事項、今すぐ必要な措置に関する通知がドライバーに送られます。エンジンの生命線のような接続診断技術を通して、ドライバーは、アップタイム(稼働時間)と装置の活用を最大化し、今までエラーの原因把握に費やしていたダウンタイム(稼働停止時間)を減らすと同時に、エンジンシステムを効率的に管理できます。

真の革新は、机上ではなく、その先で生まれます。カミンズでは、リスクテーキングを高く評価し、互いにインスピレーションを与え合うアイデアにインセンティブを付与します。カミンズの革新をリードしている優れた人材のストーリに興味のある方は、こちらをご参照ください。